お絵かきアーティストは塗り絵もできてカメラ機能も楽しい♪ひらがな練習にも最適!

さて、ブログ第一弾のおもちゃはメガハウスの『お絵かきアーティスト』と言う商品です♪

 

名前の通りお絵かきができるおもちゃですが、そんじょそこらにはない唯一無二のおもちゃなので、第一号に選びました!

定価はなんと20,000円と言う高級おもちゃなのですが、楽天を見ると13,900円まで値下がってますね。2016年のおもちゃ大賞も受賞しています。少し昔のおもちゃですが、今でもおすすめですよ(*^^*)

nanako
それではさっそく行ってみましょう~

初めて見たのはおもちゃ王国♪当時2歳の娘がドはまりして誕生日プレゼントに決定

さて、このお絵かきアーティスト、初めて見たのは東条湖おもちゃ王国でした。室内で遊べるところに数台置いてあったのですが、他のおもちゃに比べると人気だなぁ~っていうのが第一印象。

少し待って、当時2歳の娘:二花が遊んでみると。。。

 

ものすっごいハマりようじゃないか( ゚Д゚)!!

 

このおもちゃ自体対象年齢は3歳からなのですが、お絵かきだけなら2歳でもできるのでがっちりハートをつかまれてしまいました。

そして、お誕生日プレゼントとして購入したのでした。。。

おえかきアーティストは2歳でも楽しめる細かい仕組みがたくさん!

 

こちらじいじが描いたうーたんといちごとみかんです↓

このように上手に描けた絵は【ギャラリー】に保存できます(*^^*)もちろん二花はまだ2歳になったばかりだったので、無茶苦茶な線を描きなぐるしかできなかったんですけどね。

 

でもこのお絵かきアーティストには子供心をくすぐる仕組みがあるのですよ!

それがこちら↓

なんと!絵を消すレバーを動かすとペンギンの大群が消してくれるのです(*^^*)

 

これだけでも娘はキャッキャ言って大喜び!細かいところまで凝ってるのです。また、お絵かきはペンだけではなくスタンプもあって、これが当時の娘には大好評でした。

小さい子でも楽しめる仕組みになっているんですよ~♪

おえかきアーティストの10の楽しみ方!使いこなせないくらい機能豊富

 

お絵かきアーティストの機能はまだまだこんなもんじゃありません。

お絵かきアーティスト10の遊びモード

①動く絵モード…描いた絵が動き出します!
②パラパラアニメモード…パラパラアニメが作れます!
③パラパラ写真モード…パラパラ写真も作れます!
④カメラモード…写真が取れます!
⑤ぬりえモード…たくさんのぬりえがあります!
⑥漫画作成モード…簡単に漫画が描けます!
⑦メッセージアニメモード…メッセージカードが描けます!
⑧せんなぞりモード…線をなぞる練習ができます!
⑨もじなぞりモード…ひらがなの練習ができます!
⑩おえかきモード…いろんなペンや色で絵が描けます!

 

ザックリこれだけの機能があります。

が、2歳ごろに購入して、現在4歳半までの使用で遊んだモードは動く絵、カメラ、ぬりえ、せんなぞり、もじなぞり、おえかきモードのみ。パラパラアニメや漫画は二花にはまだ難しくて使用していません。

 

二花
私は特にぬりえとせんなぞり、もじなぞりが大好き!

 

描いた絵をmicroSDカードに移して印刷したりもできるようですが、そういう使い方もまだしていません。機能がありすぎて使いきれないのは今どきのスマホみたいな感じですよね(笑)

でもこれから他の機能も使いそうなので、小学校1年生くらいまではしっかり楽しめそうな気がします(*^^*)

おえかきアーティストはひらがな練習に最適!楽しく自主的に練習できます

でも、今使えてる機能だけでも正直十分なのです。

と言うのも!!!

4歳にして、まあまあひらがなが書けるようになってきた(*^^*)

若干絵もうまくなってきたかな?『すし』ばっかなのはご愛敬です(笑)

 

まぁ正直、ひらがな自体は他の学習系おもちゃでも練習してるので、お絵かきアーティストだけのおかげではないんですが、なんと言っても自主的にひらがな練習をしてくれるのが助かります。

 

あんまり勉強感を出さずに楽しく習得させるにはもってこいで、今もお手紙を書くときに書き順がわからなくなったらお絵かきアーティストを開いて練習してから書いてます(*^^*)

おえかきアーティストはハード面がかなり丈夫!壊れにくいのもオススメポイント

最後に、そういえばここ良いな~と言うのが、おえかきアーティストはとにかく壊れにくいということ。割と軽いんですが、がっしりしていてちょっと落としたくらいではなんともありません。

 

うちでは普通にリビングに出しっぱなしなので子供がぶつかって吹っ飛んでいくなんて日常茶飯事ですが、ほぼ無傷です。音もしっかり出てるし、まだあと2~3年は使えそうな感じ。

 

一の介
何度もぶつかってごめんなさい~
しいて言えば液晶が若干ペンのあとがついてきてるので保護シート一緒に買っておいたらよりよいかもしれません。
こういうところもスマホみたい(笑)ちなみにうちは保護シート使ってません。

娘には大ヒットだったけど、息子にはいまいち(笑)向き不向きはあります。

そう言えば、おえかきアーティストは二花が2歳の時の誕生日プレゼントだったのですが、当時3歳の長男:一の介はあんまりハマりませんでした。最初だけちょっと遊んで、あとはあんまり使ってません。娘のおもちゃでも気に入ったやつは貸して~って言うんですけどね(^^)

 

おもちゃはなんでもそうですが、子供との相性ありますからね。よく見極めて購入していただけたらと思います。

それでは、読んでいただきありがとうございました♡
>