知育玩具の王道!プラステンは0歳から小学生まで長く遊べる!家庭療育にも◎

さて、お次は知育玩具の王道『プラステン』

ドイツのニック社のロングセラー商品です。

伊勢丹など百貨店のおもちゃ売り場に置いてたりする高級感のあるおもちゃですが、お値段は6,500円(税抜)なので、プレゼントに最適です(*^^*)

このおもちゃ、モンテッソーリ系の幼稚園やはたまた療育施設にも必ずあるおもちゃで、教育や療育の専門家からも高く評価されているおもちゃなのですが、意外とママ友の家にはなかったりします。

 

nanako
本物にこだわるおしゃれママにおすすめですよ♪

プラステンの0~2歳児の遊び方!家庭療育で脳を育てよう

さて、家族紹介にも書いていますが、うちの次男:三太は発達障害児です。

 

グレーの時もあったのですが、最近2歳になって発達検査(新版K式)をしてみるとなんとDQ50!

 

ひえー!なかなか重度の発達遅滞やないか( ゚Д゚)

 

自閉傾向はないので育てやすいのですが、なんせ発達がゆっくり~まったり~。しかも発達障害児あるあるの手先の不器用さが目立ちます。

 

三太は好奇心旺盛でおもちゃで遊ぶのも大好きなので、やはりちょっとでも手先を使って遊んでもらって脳を育ててほしい。手と脳は繋がってるって言いますからね!

 

そこで大活躍なのがプラステンなのです↓

 

 

プラステンは長男:一の介が赤ちゃんの時に買ったんですが、3人目まで大活躍ですよ~!

 

三太は2歳ですが中身は1歳くらいなので、遊び方としては単純でひたすらリングを抜き差しするのみ。リングは50個あるのですが、毎回ちゃんと一つずつ持って最後まで全部抜きます。

心理士さんに聞いた話では、この『最後までやりきる』と言うのはとっても大事なポイントだそう。達成感にもなるし、物事の終わりを理解するのに効果的だそうですよ(^^)

 

三太は不器用なので、抜くのは得意でも挿すのはかなり難しいのですが、上手にリングを挿せるとパチッというかなり気持ちの良い音がするので上手にできたら大喜びしています。

もう少し大きくなったら色別に分けて挿したり縞々にしたり、1歳児レベルでもいくらでも応用できるし、紐を用意すれば紐通しとしても使えます♪

 

三太
頑張って色々できるようになるぞ~!

プラステンの3~4歳の遊び方!リングで絵を描いたり、お金に見立てて算数の勉強も

4歳の娘:二花はリングのみを使っての遊び方が多いです。赤ちゃんの時とは遊び方が変わってきました。

 

まずはリングで絵を描く遊び方。これは教えなくても勝手にやってました。限られた色で作るのは結構難しく、意外と考える力を育てます。

 

 

何か作ってって頼んだら一瞬で作ってくれました~✿お花ですね(*^^*)

 

あとはおままごとの時にお金の代わりにしています。
まだお金の概念はそれほどないのですが、見よう見まねでお買い物ごっこをしています。
こういう時はチャンスで、うちでは算数の勉強をしています。

 

例えば二花のお財布にリングを10個(1リング=1円とする)入れておきます。

ママが『このりんごは1個3円です。3つ買ってきてください』みたいにお願いします。二花はりんごを1個ずつ3回連続で買う感じにはなりますが、全部でリングは9個いること(3+3+3)。残ったリングは1個であることを何となく体験します。

 

このお買い物算数がかなり二花の脳を刺激するらしく、夫が帰って来た時には「二花ちゃん今日、3円のりんご3つ買えたの!おつりは1円(おつりじゃないけどw)」と嬉しそうに報告しています。

 

二花
はじめてのおつかいごっこも大好きだよ♡

 

これを『お財布に10円あります、1個3円のりんごは何個買えるでしょう?』と言う質問に変えればさらにレベルアップしたやり取りになりますね。

楽しくお勉強するのに最適なアイテムですよ(*^^*)

プラステンの5歳の遊び方は複雑なパズル?ルールを理解したり、創造力をはぐくむのに最適

5歳の長男:一の介もお買い物ごっこやリングでお絵かきをするのですが、時々さらに複雑な遊び方をしています。

 

一の介は割と小さい時からレゴやマグフォーマー系が大好きなので、プラステンでもその能力を発揮してるのかな?

こちら作品↓

 

 

こちらは母が手伝いつつ作ったものですが、二度目からは自分で色の順番を決めて一人で作ることができました。

 

 

色の順番を決めることでルール通りに組み立てるみたいな要素が加わり、結構脳トレになります。さらにレベルアップしたければ自分で設計図を書いてイメージした形を具現化できるとすごいですよね♪

 

一の介はまだそこまでできないけど、割と集中力はあるので今後やってみてもいいかもしれません(^^)

 

一の介
でも僕はレゴでヘリコプターとか作る方が好きだよ♪
一の介はもう一人で設計図を見てレゴの乗り物などを説明書通りに作れるので、一から自分で考えるよりは元々あるものをしっかり理解して再現する方が得意な気がします。

これもなかなかの才能ですよね!

プラステンの類似商品もたくさんありますが、やっぱり本物がオススメ!プレゼントにも◎

これほど人気&有能なおもちゃなので、プラステンの類似商品は結構あります。

類似商品は色がパステルカラーだったり、お顔がついてたり可愛いです♡これはこれで女の子なんかに受けそうですね(*^^*)

 

でも、nanakoはやっぱりニック社のプラステンをお勧めします!木の質感が最高だし、もう4年以上使い込んでますが塗装もまだまだキレイ。やっぱり上質なおもちゃなんですよね。

見た目がおしゃれなので、プレゼントとしてもおすすめですよ♡

 

それでは今回も読んでいただきありがとうございました(^^)

>